Passin For Freshness UNION

>TOP>企業情報

PageTop

ユニオン会社紹介

ユニオン会社紹介

PageTop

経営理念

◆「安全・新鮮・美味しい」 世界の青果物の架け橋となり、
  家庭に健康と笑顔をお届けする会社。
◆「法令・規範」を遵守の上、変革を恐れず、時流に沿った柔軟な経営を行い、
  着実に成長する会社。
◆  人材への投資・教育を積極的に行い、公正な評価のもと貢献する
   社員に報いる会社。

◆「安全・新鮮・美味しい」 世界の青果物の架け橋となり、家庭に健康と笑顔をお届けする会社。
◆「法令・規範」を遵守の上、変革を恐れず、時流に沿った柔軟な経営を行い、着実に成長する会社。
◆ 人材への投資・教育を積極的に行い、公正な評価のもと貢献する社員に報いる会社。

PageTop

ごあいさつ

 1971年に創業してから、「安全・新鮮・美味しい」輸入青果物を、世界中から日本の家庭の笑顔と健康のために届ける、当社はこの想いを実現すべく、輸入青果物の専門商社として追及して参りました。この想いは、創業50年の節目を迎え、当社の在り方を見つめ直した際に、経営理念にも表しております。今後もこの想いは変わることなく、全社員の立ち返る拠り所として、より一層に取り組んで参ります。
 この青果物というものは、美味しく、栄養価も高く、体の健康と心の豊かさを育むものです。日本で栽培されている多くの青果物も素晴らしいものばかりですが、当社が取り扱うのは輸入青果物。日本に無い価値を持ち込み、日本だけでは得られなかった喜び・豊かさを感じて頂く。そこに当社は誇りを持っています。
 だからこそ、これまでの50年を振り返り、次の50年に向けて思うこと。それは、青果物のリーディングカンパニーとして、青果物の需要・消費を増やし、より豊かな社会づくりに寄与していきたい。但し、これは非常に大きなテーマであり、当社の力だけでは難しいこともあるでしょう。それでも取り組みたいのは、実現の先には当社だけに限らず、生産・流通・販売等、お客様に召し上がっていただくまでに関わる全ての方々が豊かになる未来にも繋がると思うからです。時流に沿った柔軟な経営を行う中で、食を通じて持続的で豊かな社会づくりに貢献できるよう、これからも精進して参ります。

会社概要

社名株式会社ユニオン(英語表記:UNION CO., LTD.)
設立1971年10月
資本金1億円
代表者代表取締役社長 石黒辰弥
年商570億円(2021年2月期)
従業員数140名(2021年5月現在)
事業内容青果物輸入卸売業
事業所<本社所在地>
〒650-0037 神戸市中央区明石町44番 神戸御幸ビル7階
TEL:078-392-4930(代) FAX:078-392-4952

<東京支店>
〒103-0024 東京都中央区日本橋小舟町8番1号
ヒューリック小舟町ビル5F
TEL:03-6667-8150(代) FAX:03-6667-8160

<札幌営業所>
〒060-0008 札幌市中央区北8条西18丁目2番8号
TEL:011-614-9110(代) FAX:011-614-9115
取引銀行株式会社三菱UFJ銀行
株式会社みずほ銀行
株式会社三井住友銀行
主な仕入先<国内>
株式会社ドール
ゼスプリ・インターナショナル・ジャパン株式会社
<海外>
USA Union International Inc.
WellPict
S&W Premium Food,Inc
Lapanday Foods Corporation
Nongsan Trading Co., Ltd
Komati Fruits (Pty)Ltd.
Costa Group
J.M.Levarth&Zn.B.V
ALTAR PRODUCE LLC.
Shipley Sales, L.L.C.

沿革

1971年10月兵庫県神戸市兵庫区において株式会社ユニオン設立
資本金1,000万円で発足
1974年 7月資本金3,000万円とする
1979年 2月東京都千代田区に東京支店を開設
1984年11月資本金3,500万円とする
1986年 6月資本金7,000万円とする
1986年 11月兵庫県神戸市中央区へ本社を移転
1990年 6月札幌営業所を開設
1997年 4月米国カリフォルニア州に USA Union International Inc. 設立
2002年12月株式会社R&L ユニオン設立
2009年 6月石黒辰弥が代表就任
2013年 11月東京支店を東京都中央区日本橋小舟町へ移転
2014年 9月資本金1億円とする
2020年10月創業50周年をむかえる

グループ会社

グループ会社

■USA Union International Inc.

カリフォルニアオフィス
26650 The Old Road Suite 210 Valencia, CA 91381
TEL:661-286-8801 FAX:661-286-8806

カリフォルニアオフィス
26650 The Old Road Suite 210 Valencia, CA 91381
TEL:661-286-8801
FAX:661-286-8806

■株式会社R&L ユニオン

〒230-0054 横浜市鶴見区大黒埠頭6番
TEL:045-508-0681 FAX:045-508-0683

〒230-0054 横浜市鶴見区大黒埠頭6番
TEL:045-508-0681
FAX:045-508-0683

■株式会社R&L ユニオン 札幌加工場

〒060-0008 札幌市中央区北8条西18丁目2番8号
FAX:011-699-6685

■株式会社R&Lユニオン 吉川加工場

〒342-0053 埼玉県吉川市大字関600番1
TEL:048-972-4571 FAX:048-972-4573

〒342-0053 埼玉県吉川市大字関600番1
TEL:048-972-4571
FAX:048-972-4573

事業所のご案内(アクセスマップ)

事業所のご案内(アクセスマップ)

■神戸本社

〒650-0037 神戸市中央区明石町44番
神戸御幸ビル7階
TEL:078-392-4930(代) FAX:078-392-4952

地下鉄海岸線 旧居留地・大丸前駅から徒歩3分
JR・阪神電鉄本線 元町駅から徒歩6分
>アクセスマップ

〒650-0037 神戸市中央区明石町44番
神戸御幸ビル7階
TEL:078-392-4930(代)
FAX:078-392-4952

地下鉄海岸線 旧居留地・大丸前駅から徒歩3分
JR・阪神電鉄本線 元町駅から徒歩6分
>アクセスマップ

■東京支店

〒103-0024 東京都中央区日本橋小舟町8番1号
ヒューリック小舟町ビル5F
TEL:03-6667-8150(代) FAX:03-6667-8160

東京メトロ日比谷線 人形町駅から徒歩4分
東京メトロ銀座線 三越前駅から徒歩6分
東京メトロ東西線 日本橋駅から徒歩7分
JR線 新日本橋駅から徒歩8分
>アクセスマップ

〒103-0024 東京都中央区日本橋小舟町8番1号
ヒューリック小舟町ビル5F
TEL:03-6667-8150(代)
FAX:03-6667-8160

東京メトロ日比谷線 人形町駅から徒歩4分
東京メトロ銀座線 三越前駅から徒歩6分
東京メトロ東西線 日本橋駅から徒歩7分
JR線 新日本橋駅から徒歩8分
>アクセスマップ

■札幌営業所

〒060-0008 札幌市中央区北8条西18丁目2番8号
TEL:011-614-9110(代) FAX:011-614-9115
JR函館本線 桑園駅から徒歩10分
>アクセスマップ

〒060-0008 札幌市中央区北8条西18丁目2番8号
TEL:011-614-9110(代)
FAX:011-614-9115
JR函館本線 桑園駅から徒歩10分
>アクセスマップ

食育への取り組み

ユニオンは5 A DAY(ファイブ・ア・デイ)活動を支援しています

5 A DAY運動とは

5 A DAY(ファイブ・ア・デイ)とは、「1日に5皿分(350g)以上の野菜と、200gの果物を食べましょう」という運動です。多くの日本人は、自分は「野菜を摂っている」「だいたい摂っている」と考えているものの、実はどの世代でも本来必要な摂取量に達していないのが現状です。

5 A DAYは、野菜と果物の摂り方を分かりやすく示し、病気予防につながる健康な食生活をすすめています。ユニオンはファイブ・ア・デイ協会の賛助会員として、活動を支援しています。

運動展開の背景(野菜編)

〜日本国民の野菜の摂取量は全世代で目標に足りていない〜

〜日本国民の野菜の摂取量は
全世代で目標に足りていない〜

■現在の日本人は低脂肪で、ビタミン・ミネラルの供給源である野菜の摂取量が不十分
■野菜離れの背景:欧米型食生活の流入など

運動展開の背景(果物編)

〜日本国民の果物の摂取量も減っている〜

〜日本国民の果物の摂取量も
減っている〜

■『若者のフルーツ離れ』が問題に。20〜40代の半数は全く食べていない
■果物を食べない理由:むくのが面倒など

PageTop