生産者の皆様へFor Suppliers

生産地とお客様の架け橋に

私たちは、生産者の皆様とお客様との架け橋として、皆様が手塩にかけて大切に育てあげたフルーツや野菜を、市場や量販店・外食企業などを通じて全国の食卓に最高の状態でお届けするべく日々努力をしています。
おかげさまで、輸入フルーツの取扱量では国内シェア1位も数多く獲得、トップレベルとの評価をいただいています。
これからもユニオンは、生産者の皆様のよきパートナーとなれるよう努力を続け、より優良な販路を開拓してまいります。

パートナーシップ

生産者の皆様のパートナーとして「売れる青果物づくり」をお手伝いします。

生産者のみなさまと同じ目線で

イメージ写真

ユニオンは、現地法人や関連グループを世界各地に設立し、生産者のみなさまのとパートナーシップ構築に取り組んでまいりました。そのキーマンとして活躍しているのが、現地に常駐するQC(クオリティーコントローラー)です。

ユニオンのQCは、誇りをもって「フルーツマン」と名乗ります。品質管理のプロとして、フルーツや野菜に傾ける情熱と知識に自信があるからです。

米国カリフォルニア州とフロリダ州にある弊社の現地事務所はどちらもオレンジやグレープフルーツ畑のど真ん中にあり、そこを拠点に活動するユニオンのQCも、自ら畑に入り、生産者のみなさまが大切に育てている青果物を、同じく我が子のように大切に見守っています。

産地とお客様との橋渡しとして

品質や安全性に対する要求が高い日本のお客様のニーズを生産者のみなさまに伝え、青果物づくりに生かしていただくのもQCの大切な役目です。
ユニオンは現地のQCを通じて、生産者のみなさまと日本のお客様の橋渡し役を務めます。

イメージ図

ベストな成果を追求するパートナーであり続けるために

ユニオンは、つねに生産地に密着し、天候や病害虫と闘う生産者のみなさまの苦労をしっかり受け止めながら、お互いにベストな成果を追求するベストパートナーであり続けたいと考えています。
生産者のみなさまとお客様の架け橋となること。私たちは生産者のみなさまと同じ目線に立ち、「売れる青果物づくり」をお手伝いさせていただきます。

市場力

輸入フルーツの取扱量は国内トップレベル。
多様なニーズをとらえ、さらなる市場の拡大を目指します

魅力的な販路の開拓に向けて

イメージ写真

1971年の創業以来、ユニオンは世界をフィールドに産地の開拓に取り組んでまいりました。その成果の一つとして、おかげさまでレモンやオレンジなどのシトラス類では国内トップの取扱量となりました。
その他にも国内でNo.1シェアを獲得している商品がいくつもあり、輸入フルーツ全般でもここ10年以上トップクラスの取扱量を維持しています。

ユニオンが日本国内で高いシェアを獲得できているのは、生産者のみなさまのお力によって、多様化・個性化する日本のお客様ニーズに応える、新鮮でおいしく安全な青果物を供給し続けられたからに他なりません。

これからも生産者のみなさまとの強固なパートナーシップにより、潜在する新たな市場の開拓に取り組みます。

デリバリー機能

海外の生産地から日本の食卓へ
徹底した鮮度管理により、最高の状態でお届けします

鮮度・おいしさ・安全性を維持するために

生産者のみなさまが手塩にかけた青果物を最高の状態でお客様に味わっていただくために、鮮度とおいしさを保った状態でお届けしています。
例えば海外の生産地で収穫された青果物は、コンテナなどに積み込み日本へ送ります。
日本に到着すると検疫官の検査を受け、各地へ輸送しますが、その間温度はコンピュータによる自動管理で一定に保持。さらに、船舶と航空機による輸送も、商品によっては空輸のみを利用することでスピーディーにお届けする短納期デリバリーシステムも構築しています。

青果物の命ともいえる「鮮度」、「美味しさ」、「安全性」を損なうことなく、もぎたての最高の状態でお客様へとお届けしています。

イメージ図